広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
30年手塩にかけて育てたナス

30年手塩にかけて育てたナス

狩留家地区の特産品になるものはないかと考えていた時に、狩留家地区在住の篤農家の岡崎さんが、30年手塩にかけて育てたナスがあると聞いて、実際に食べてみると、大変差別化されて美味しいナスでした。
これなら狩鹿野特産品になると思い、岡崎さんは青ナスとか白ナスとか言ってましが、名前も「狩留家ナス」にして他と差別化して売り出そうということになりました。

現在NPOでは70件の方が狩留家ナスを作っています。作った人が友達や親類に紹介して年々増えていってます。また広島市のスローライフ制度を利用して狩留家に入植した人も、今では3人ほど作ってくれています。

連作障害が大変です。

連作障害が大変です。

ナス科なので連作障害が大変です。そんなに広土地があるわけではないので。一度植えると5年は間を開けないといけません。岡崎さんを含む3人が30年自家採種を続けてきた狩留家ナスですが、昨年から接木苗で作る方法に変えています。そのおけで元気なナスが作れるようになりました。まだまだ自己流で栽培をしてきたので日々勉強です。

こんなエピソードがあります。岡崎さんがみんなに内緒で、九州の種苗屋さんに白ナスの種があるというので取り寄せて栽培したそうです。できたものを食べてみると狩留家ナスとは全然別物だったようです。狩留家ナス独特のトロンとした食感がなかったようで,30年自家採種を繰り返している内に、狩留家の土地に馴染んだナスになっていったのでしょう。

狩留家の活性化

狩留家の活性化

そんな皆さんに一番おいしい食べ方を聞いてみました。
岡崎さんは「ナスステーキ」だそうです。ナスを輪切りにして、バターで3分ぐらい炒めたらできあがり。本当に簡単で美味しくいただけます。
理事長は「ナスの刺身」ナスをを薄く切って酢橘で食べます。ナス本来の味が楽しめます。

NPO法人の目標は
狩留家ナスという特産品も出来ました。また水車を今年は作りました。またしゃぎりという伝統芸能があります。これらの狩留家の食や文化で狩留家の地区がこれからも活性化していくように頑張っていきたい思っています。まだ活動を初めて2年。ぼちぼちとゆっくりとやっていきたいと思っています

マップ

・・・・・・読み込み中です

特定非営利活動法人 NPO 狩留家インタビュー

狩留家を活性化したい

特定非営利活動法人 NPO 狩留家

住所
広島市安佐北区狩留家町3544-1
TEL
082-844-0826
FAX
082-844-0826
代表者
黒川 章男
担当者
アグリ事業部狩留家なす農園部長
創業
平成24年6月
面積
200㎡
従業員
8
生産物
狩留家なす
狩留家 なす