広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
前進の会社が養豚をはじめたのは昭和40年前半。

前進の会社が養豚をはじめたのは昭和40年前半。

世羅事業部の倉谷です。

当時大手商社の斡旋で、中国地方でも大規模養豚事業をやろうということで、広島では尾道の百島からはじまり、徐々に世羅のほうでもはじまりました。
弊社では県内に4箇所養豚場があり、世羅では20名でやっています。

社内にクリーン委員会を設置しています

社内にクリーン委員会を設置しています

豚にとっての快適な環境・温度管理など、ストレスを与えないようにしています。
豚の気持ちになって生活環境を考えるということを常に意識しています。
社内ではクリーン委員会を設置して、クリーン委員を中心に、一丸となった衛生管理をしています。


飼育マニュアルがあっても生き物の成長は当たり前ですが、毎年毎月毎日違います。
気候による環境整備はとくに気をつかいます。


米久スピリットとして『感動を創る』という企業理念があります。
お客様に感動していただけるお肉・加工品をつくるということですね。

あとは、ここ世羅町が瀬戸内六穀豚の産地になるように頑張っていきたいです。

瀬戸内のモノと相性がいい

瀬戸内のモノと相性がいい

瀬戸内六穀豚は、お肉が柔らかくて脂があっさりしてるので、とんかつ・しゃぶしゃぶが好評です。

瀬戸内のレモンをキュッと搾ったり、藻塩などは相性ばっちりです。

マップ

・・・・・・読み込み中です

大洋ポーク株式会社(米久グループ)インタビュー

企業スピリットは『感動を創る』

大洋ポーク株式会社(米久グループ)

住所
広島県尾道市長者原二丁目165-16
TEL
0848-48-5328
FAX
0848-48-5338
代表者
細井 康弘
担当者
米久株式会社 広島支店
創業
平成年月
従業員
農事組合法人広島県東部養豚組合を含め 88
生産物
豚肉 食肉加工品
瀬戸内六穀豚