広島県産応援登録制度

こだわりの、広島の幸を応援しています!
泣ける!広島県

「三日月スプラウトにんにく」のエスカベッシュ

広島市中区にあるレストラン&バー「Plaisir(プレジール)」。
こちらでメニューを監修しているのはオーナーの前岡大介さんです。
料理人として腕を磨き、お酒にも造形が深い前岡さんは、2003年にお店をオープン。
そんな前岡さんが選んだ広島県産食材は、水鏡ファームの「三日月スプラウトにんにく」です。

――この食材を選んだ理由は?
にんにくは栄養価が高い食材ですが、臭いを気にして敬遠される方が少なくありません。
マスクを常用するようになってにんにくに対する抵抗感が減り、最近では秘かなにんにくブームも起こっています。
この「三日月スプラウトにんにく」は、芽も根も丸ごと食べられるにんにくなので、にんにくを主役にしたメニューが作れるのではと興味を持ちました。

――実際に食材を調理した感想は?
にんにくの実の部分は粒が大きく、火を通すとほくほくになります。
にんにく特有の臭みもえぐみもほとんど感じないので、お子さんや女性に好まれると思いますし、シンプルに天ぷらにすれば、お酒のおつまみとして喜ばれそうですね。

――今回はどのようなメニューに仕上げましたか?
にんにくの実のほくほく感、他のにんにくにはない「芽と根が丸ごと使える」というところが生かせるメニューとして、今回はエスカベッシュにしました。
エスカベッシュとはフランス料理版の南蛮漬けのこと。甘酸っぱいマリネ液と「三日月スプラウトにんにく」の相性は抜群で、前菜としてお楽しみいただける一品になりました。

戻る