広島県産応援登録制度

泣ける!広島県

セールスポイント

生産地は広島県廿日市市。廿日市産のいちごは昔『平良いちご』と呼ばれ、広島県では随一の苺生産地でした。多いときは百軒余りあった生産農家も現在では十軒以下になり、今何とか当時の盛り上がりをもう一度取り戻したい思いで、“いちご復活プロジェクト”を商工会やJA佐伯中央が中心となり、新鮮でおいしい苺の生産に頑張っております。市場では他県産のものがほとんどの中で地元産ならではの、朝摘み苺として新鮮で日持ちが良い苺を売りにしております。

商品の特徴

味は時期により異なりますが、最も旬で美味しいのは二月~三月までの苺です。糖度は最旬期で15度~18度、平均すると11度~18度ぐらいの甘い苺ができます。また。広島県内では苺農園としては初のGGAPを取得しており、残留農薬検査や、水質検査、等218の管理項目をクリアーした安全安心の苺です。ブランド名は『Amaka・甘日』と命名しました。廿日市で一番おいしい苺を目指すという意味あいを込めて、廿日に一を加えた“甘日Amaka”、としました。農園で栽培している品種は「紅ほっぺ」と「よつぼし」。「紅ほっぺ」は酸味と甘みのバランスが良く肉質はやや固くしっかりとした食感。完熟朝採り出荷の為、品種の特性がしっかり出ている味の濃い苺。「よつぼし」は形が比較的整った円錐型、香りも良く果実の中もしっかりと色がついている。適度な食感で酸味は強くなく優しい甘みが広がる品種の苺です。

栽培に関する特徴

広島県内の苺農家としては初のGGAPの認証取得をしております。食の安全安心には万全の圃場と生産プロセスを取っており、清潔な高設栽培で栽培しており、衛生面・栽培管理・生産効率においても最先端の栽培方法で生産しています。当然残留農薬ゼロ・必要な水質管理検査も毎年筑波研究所で検査して国際的な認証を受けている点では、他の圃場ではないくらい厳しい管理を徹底してます。

その他

【取扱上の注意点】
苺は特に日持ちが悪く、2~3日暖かい部屋で保存すると、悪くなります。
冷蔵庫で保存すれば、1週間はそのままの状態で保てます。

取り扱い店

出荷可能時期

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○○○
上中下
○××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
×××
上中下
○○○

大之木建設(株) Onoki Farm 

住所
広島市西区横川町2-10-21
TEL
082-231-5244
FAX
082-294-6475
代表者
大之木洋之介
担当者
営業企画部 三宅愛
面積
大野農園5a、浅原農園13a(廿日市市)
従業員
150
生産物
いちご コンフィチュール
大之木建設(株) Onoki Farm 
販売したいみなさまへ