広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
継続できる組織システムの構築を目指して

継続できる組織システムの構築を目指して

クリーンカルチャーという組織は、平成3年4月に水耕栽培研究会として7名(7戸)で発足しました。
年間を通じて安定して野菜生産ができ、無農薬栽培を追求して研究調査を行い、独自の水耕栽培システムを開発しました。
翌年7月にJAたかたクリーンカルチャーグループを設立して、「青ねぎ」の生産開始となりました。

クリーンカルチャーグループとしては、農業が事業として成り立ち、多様化する消費者動向と流通の大量・敏速化に対応し、継続できる組織システムの構築を目指してこのグループが誕生しました。

農業を始めたきっかけもそれぞれ

広政さん:平成15年にサラリーマンを辞めて帰ってきたとき、父もクリーンカルチャーグループの一生産者として青ネギを作っていましたが、グループの研修生として2年間勉強してから生産者になりました。後継ぎという意識はなかったんですが、当時のサラリーマン生活では食っていけなかったこともあります。

上田さん:兼業農家の家庭で育ちましたが、必然的に農業しかなかったんだと思います。農業高校を出て、大学の農学部へ進学して、農業機械メーカーへ就職しました。その後
グループに就職して会社員として農場長をやっていましたが、今年独立して就農しました。

現在は19名で楽しい職場環境を心がけてやってます。60才以上が7名で、あとは30代から40代の若手が中心です。加工所や農場を含めると約200名がグループにいます。

青ネギ『あおいちゃん』

青ネギ『あおいちゃん』

日本一のねぎ産地を目指しています!

水耕なので、水の温度管理が重要です。水温が上がると、下げることがとても大変です。
天候に左右されますので、急な気候の変化に気を使います。

青ネギは、新聞紙にくるんで保存していただくと鮮度が長持ちします。

水耕ならではの優しい味なので、ねぎサラダが一番お勧めの食べ方です。辛みがないので水にさらさなくてもOK。子供も食べられるのがこの『あおいちゃん』です。

マップ

・・・・・・読み込み中です

JA広島北部クリーンカルチャーグループインタビュー

JA広島北部クリーンカルチャーグループ

住所
広島県安芸高田市美土里町横田4227-9
TEL
0826-54-0882
FAX
0826-54-1010
代表者
広政公一
担当者
上田誉志彦
創業
平成4年月
面積
グループ員水耕施設合計16.5ha
従業員
農場部門25名、加工部門50名、他グループ各農場に従業員
生産物
青ネギ 春季結球レタス チンゲン菜
青ネギ『あおいちゃん』