広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
農業をはじめたきっかけは?

農業をはじめたきっかけは?

農業をはじめたきっかけは?
親会社は広島市内にある(株)荒谷建設コンサルタントは経営の多角化による収益安定性を高めるため、従来の土木関連事業に加えて、地域に根差した新たな事業として農業事業を平成24年6月にこの法人を設立しました。そのきっかけは、平成22年9月に社員のひとりが炭素循環農法(たんじゅん農法)と出会い、我が家で実践を開始したことが始まりです。そして、翌年の平成23年度の1年間を「たんじゅん農法実証実験の期間」と位置付けて取組み、実現性を確認できたことから、この安芸太田町で始まりました。現在は4名が従事しています。

一番大切にしていることはなんですか?

一番大切にしていることはなんですか?

一番大切にしていることはなんですか?
たんじゅん農法です。炭素循環農法の略です。炭素循環農法とは木材チップや剪定枝などの炭素資材を畑に浅く混ぜ入れることで、土壌中の糸状菌(きのこ菌などの微生物)を育て、その働きにより肥料や農薬の使用なしに野菜を栽培する農法です。
大変なことはなんですか?
やはり無農薬なので梅雨時期の虫とか雑草の除草が大変です

農業を通じてこれからの目標や夢は?

農業を通じてこれからの目標や夢は?

農業を通じてこれからの目標や夢は?
たんじゅん農法に弊社が取組むことによって、中間地域における過疎化や森林荒廃などの困りごとを解決し、ひいては地球規模での困りごとを解決できるとの強い信念のもと、日々責任を持って真摯に取組んでいます。この農法が確立できれば、地域の方々にも普及して、この地区の活性化にに貢献したいと思っています。

マップ

・・・・・・読み込み中です

株式会社 たんじゅんファーム安芸太田インタビュー

地域の雇用を確保し中山間地域の活性化に貢献したい

株式会社 たんじゅんファーム安芸太田

住所
広島県山県郡安芸太田町大字遊谷665-1
TEL
0826-28-1221
FAX
0826-28-1221
代表者
荒谷 悦嗣
担当者
萬谷 昌毅
創業
平成24年6月
面積
施設、ハウス1棟、露地2.0ha
従業員
5
生産物
人参 ピーマン 里芋 大根 長なす ミニトマト ラディッシュ 安納芋