広島県産応援登録制度

泣ける!広島県

顔の見える田植えツアー

環境保全を目的に発足した、東京の【銀座はちみつプロジェクト】のメンバーさんが、神石高原にある有機JAS認定田辺ファームの田植えツアーに参加したことがきっかけで、このお酒は誕生しました。

都市と農村の交流はもちろん、同じ思いを持つ者同士の願いは、『田辺ファームの有機栽培で作ったお米(八反錦)で美味しいお酒を作ろう』

町役場や地域の方のご支援ご協力を得て、神石高原の隣町にある老舗の生熊酒造さんに、私たちの願いを託しました。


県内では珍しい硬水を使用

酒どころと言われる広島県のお酒の大半は、軟水が使用されています。
この銀神龍は、地元の石灰岩質の帝釈台地から湧き出る、ミネラル豊富な硬水を使用していますので、スッキリとした辛口の仕上がりになっています。

美味しさはもちろん、米作りから製造まで、安心と安全にこだわった無添加の純粋なお酒です。

多くの人に愛されるお酒に

初年度は3,000本製造しました。

この銀神龍というネーミングは、国定公園帝釈峡の【神龍湖】と【銀座みつばちプロジェクト】との地域間交流の縁から生まれたことから命名されていますが、そのストーリーを多くの方に伝えたい。
地域に根付くお酒として、繋げていきたい。

まだまだ始まったばかりですが、次なる目標はたくさんあります。

生産者×製造者×消費者が地域を越え「顔の見える交流」による商品づくりを、これからも頑張って続けていきたいと思っています。

マップ

・・・・・・読み込み中です

株式会社 帝釈峡インタビュー

地域交流から生まれたお酒

株式会社 帝釈峡

住所
神石郡神石高原町永野5057-12
TEL
0847-86-0360
FAX
0847-86-0360
代表者
谷 壯一郎
担当者
門田英章
創業
平成25年8月
面積
76.8㎡
従業員
2
生産物
特別純米原酒「銀神龍」
特別純米原酒「銀神龍」