チア!ひろしま 広島県産応援登録制度

こだわりの、広島の幸を応援しています!
泣ける!広島県
生産者インタビュー

古江いちじく出荷組合

伝統ある希少な「古江いちじく」

皮が薄く、甘みが強いのが特徴のいちじくです。

栽培はとても古くから行われており、江戸末期には商品として販売されていました。100年以上前から生産されてきた歴史の古い果物です。
現在は、広島市西区古江、高須、田方地区でのみ生産されており、生産農家は23軒。そのうち、本格的に出荷している農家は12軒。
生産農家が減ってきているなか、 出荷量も少なく、とても希少なイチジクとなっています。また、完熟してから出荷するため、とてもデリケートで、遠隔地への輸送には向きません。そのため、県外へはほとんど出回らず、知る人ぞ知る幻の果物とも言われています。

毎年9月から10月にかけて旬を迎え、贈答品としても高い人気を誇っています。

製造法の特徴

品種は、早生日本種 (蓬莱柿)です。
圃場は、古江地区の瀬戸内海に面した南向きの斜面あり、温暖で降水量の少ない自然的要因を生かし、太陽の光をさんさんと受け、糖度の高い果実に育ちます。

深夜、早朝より収穫を行い、収穫したその日のうちに出荷し、その日のうちに量販店等で販売されています。

現在は、今後の収量の増加をはかるため、新たに蓬莱柿の苗木を植えたり、新たな取組も行っています。
SDGs的な観点から、傷物のいちじくを加工品に利用できないかなど、様々な観点から、歴史ある「古江いちじく」を守っていければと考えています。

食べ方の提案

糖度は高いもので約18度になります。

食べ方のおすすめは、生食が何より一番!
果皮が薄いため、皮を剥くことなく、そのまま食す事が出来るのも特徴です。

樹の上で熟してから収穫するため、味わいがとても濃く、糖度も高く、その味わいはまるでジャムのようとも評されます。
ケーキ・タルトなどお菓子の材料としても喜ばれており、ジャム、コンポート等の加工品の材料としても人気があります。

動画メッセージ

古江いちじく出荷組合

住所
広島市西区古江東町8-8 (広島市農業協同組合古江支店)
TEL
082-271-5670(広島市農業協同組合古江支店)
FAX
082-273-4770(広島市農業協同組合古江支店)
MAIL
eisei@ja-hiroshimashi.or.jp(広島市農業協同組合古江支店)
代表者
小畑 正利
担当者
小畑 正利
創業
平成5年4月
面積
1.5ha
従業員
約30名(会員)
生産物
いちじく
情報更新日
令和5年10月10日

マップ

戻る