チア!ひろしま 広島県産応援登録制度

こだわりの、広島の幸を応援しています!
泣ける!広島県

奥の細道~背徳のもみじ豚~

広島市中区にある和食居酒屋「奥の細道~背徳のもみじ豚~」。
こちらで腕を振るうのは西崎 和男さんです。

和食、洋食、中華と25年間、料理人としての腕を磨き
2022年8月から広島市中区胡町で「奥の細道~背徳のもみじ豚~」をオープン。
すべての料理に味付け、調味料、出汁にこだわり。「食」を通じて地域や社会に貢献すべく仕事をしています。


そんな西崎さんが選んだ広島県産食材は、広島食肉市場肉豚出荷組合「もみじ会」の「瀬戸もみじ」です。

――①この食材を選んだ理由は?
広島県産の食材を探していた所、知り合いの紹介で「瀬戸もみじ」を知りました。最初に調理した時にあっさりとしていて、良い脂の質だと感じました。

――②実際に食材を手にした時の感想は?
様々なお肉を見てきましたが、「瀬戸もみじ」は豚肉特有のクセが少ないと感じました。バラは脂っこさがなく、ロースはより淡白な印象です。あっさりと食べやすく女性にも喜んでいただいています。

――③今回はどのようなメニューに仕上げましたか?
素材の味を活かすため、しゃぶしゃぶにしました。当店のしゃぶしゃぶは特製のうどん出汁で召し上がっていただいています。シメには呉うどんを使っています。

戻る