広島県産応援登録制度

こだわりの、広島の幸を応援しています!
泣ける!広島県
生産者インタビュー

東洋ファーム株式会社

農業を科学 えぐみを抑えた小松菜

小松菜は栄養価も高く、お浸しや炒め物など
幅広く料理に使える野菜です。
しかし小松菜がもつ“えぐみ”が苦手という人も
少なくないのではないでしょうか。

東洋ファームは、そのえぐみを抑えた
小松菜作りに成功しました。
まず、えぐみの元となるものは何か?
これは、『硝酸態窒素』と呼ばれるもの。

窒素は、葉や茎の成長に必要な栄養素です。
土壌に含まれた硝酸態窒素を、根から吸収することで
窒素を取り込んでいます。

肥料の与えすぎや、天候不良による光合成不足によって、
栄養として消化しきれずに植物に多く残留してしまう、
これがえぐみの原因となるのです。

そこで東洋ファームが10年前から取り組んでいるのが
土の成分分析。種を落とす数日前、土の成分をデータ化。
天候や気温などを予測しながら、肥料などの適正量を
決めていくというものです。
70棟あるハウスを、1棟ごとに行います。
「これでようやく最低ライン。
予測できないのは、なんといっても天候ですよ」
そう話すのは、代表取締役の川西さん。
10年間の気候や気温をデータ化し、独自の計算式を確立。
栽培の年間計画を徹底します。
ITを使った新しい農業の形を実現しています。

多彩なグループ経営 だからなせる技!

東洋ファームの前衛的な取り組みの背景には、グループ会社の
多彩なノウハウがあります。
例えば、自動車販売では、営業のノウハウ。
造園業では、ハウスなど設備の建設。すべてグループ会社でまかなえます。
また、元プログラマーの社員など多彩なプロフェッショナルが集っています。

代表取締役の川西さんは、とにかく研究熱心。
全国の農家を訪ね、様々な取り組みを見て回りました。
情報収集に余念がありません。そんな中で始めた新たな取り組み。

鮮度で勝負 アスパラガス

アスパラガスの生産です。
最短24日で出荷できる小松菜に比べて
アスパラガスは出荷まで3年という月日。
苗を植えて最長15年ほど収穫しつづける野菜です。

東洋ファームのアスパラガスは今年で3年目。
広島県産のアスパラガスという強みを活かし、販路を拡大。
既に、コンビニエンスストアの惣菜にも採用されています。
アスパラガスは、日が経つにつれて茎の部分が固くなります。
前日の夕方と、その日の朝の採れたてを出荷。
鮮度で勝負しています。

「アスパラガスとは、長い付き合いに。
 まだまだ未知の世界だけに、面白さはありますね」
小松菜同様、土の分析をはじめとした美味しいアスパラガス作りに
積極的に取り組んでいきます。

動画メッセージ

東洋ファーム株式会社

住所
東広島市志和町志和東58-2
TEL
082-433-0750
FAX
082-433-3788
代表者
川西 克彦
担当者
西村 正人
創業
平成21年10月
面積
ハウス13,121㎡ 露地40,546㎡ 
従業員
正社員 7名 常時パート 12名
生産物
小松菜,アスパラガス
情報更新日
令和3年12月24日

マップ

戻る