広島県産応援登録制度

こだわりの、広島の幸を応援しています!
泣ける!広島県
生産者インタビュー

矢野水産株式会社

くせがない牡蠣 苦手な人も食べられる

牡蠣の味はさまざま、育った環境で違います。
矢野水産の牡蠣は?
その質問に、即座に返ってきた言葉は

「美しい牡蠣」

美しいとは見た目だけではありません。
味も、きれいで美しいといいます。

ある人は、”柑橘系に合う”とも表現しました。
牡蠣がじゃまをしない、透明感のある味。

その証に、牡蠣の苦手な人が何人も
矢野水産の牡蠣で牡蠣嫌いを克服しました。
特有の泥臭いクセがなく、するっと食べられる「美しい牡蠣」です。

美しい海で育つ 安心な牡蠣

「美しい牡蠣」を生み出すのは、呉市安浦町三津湾(やすうらちょう みつわん)海域。
それはそれは、海の底が見えるかのごとく美しく澄んだ海です。

三津湾は、真珠の養殖が盛んでした。
真珠はきれいな環境の産物、水質がきれいな証です。

矢野水産の創業は1958年、牡蠣の養殖をはじめました。
一年一年、階段を上がるように生産量も増えていきました。

きれいな環境がもたらす、安全性や味が優れている点。
一方で、きれい過ぎる海だからこそ、餌となるプランクトンが
少ないということも考えられるといいます。

「人口が少ないため、山から流れる水が多い。
 すると、海の底にたまるものが少ない。
 その環境こそが、臭みがなくクセのない牡蠣が育つのではないか。
 あくまでも私の推測だけどね」

そう語るのは、創業者で社長の矢野勝利さん。
この道、もう60年以上になる。

社長はカレンダーも時計も要りません。
例えるなら、海の博士。

今のように、レーダーもない時代。多くの経験を積んできました。

山や海の自然を自らが感じ、天候はどうか、潮はどうか—
1年先のことを予測しながら進めていく。

おいしい牡蠣を作ることへの情熱は誰にもまけないが、相手は自然。
1年1年勉強で、この年になっても完全にこれだと言えることはないと
言います。

「生産者としては安全なものを作るというのを一番大事にしている。
 とにかく、安全でいいもの お客様のために—」

父から受け継ぎたい 2人の姉妹

その豊富な知識と経験を後世に残したいと
会社の顔となって 矢野水産の魅力を発信しているのが
娘の五月美さん、一二美さん姉妹。

女性の感性を活かしたブランディングに力を注いでいます。

時代のニーズは、時短料理。
牡蠣はどうしても下ごしらえに時間がかかります。
それでも、”矢野水産の牡蠣なら食べたい”と
思ってもらえる牡蠣を作っていきたい。

また、三津湾の魅力や牡蠣について発信し
もっと広島牡蠣のファンを全国に増やしたいと意欲を見せます。

動画メッセージ

矢野水産株式会社

住所
広島県東広島市安芸津町風早653-145
TEL
0846-46-1188
FAX
0846-46-1177
代表者
矢野 勝利
担当者
矢野 五月美
創業
昭和35年月
面積
加工場・事務所(床面積:300㎡),かき打ちむき身作業場(床面積:103㎡)
従業員
14名
生産物
生食用牡蠣むき身,殻付き牡蠣
情報更新日
令和3年08月05日

マップ

戻る