広島県産応援登録制度

泣ける!広島県

「初恋プリン」の母が語る美味しさのヒミツ

わざわざでも取り寄せる価値があります!

三原港のすぐ傍にある「かねしょう」は、創業1960年(昭和35年)の老舗店。初めて来てもどこか懐かしい感じがします。創業時、洋食レストランだったかねしょうは、2017年3月に「喫茶室&DELI Kanesho」に生まれ変わりました。大きなレストランだった頃から不動の人気を誇るのが「初恋プリン」です。その人気のヒミツは?
‘チーズがプリンに恋をした’初恋プリンの母、かねしょうの黒川有紀子さんにお話をうかがいました。





「初恋プリンの美味しさには3つのヒミツがあるんですよ。」

そのヒミツ、ぜひ教えてください!

ヒミツその① 選び抜かれてやってきたフランス産の「クリームチーズ」
ヒミツその② 低温殺菌した広島県産砂谷牛乳の「ミルク」
ヒミツその③ 優しく熱が伝わりきめ細かいなめらかなプリンができる「ガラスビン」

実はこの初恋プリン、まだレストランだった時代に誕生しましたが、喫茶室&DELIにリニューアルする際に、レシピを変更しました。

「前よりクリームチーズの量を減らしたんですよ。でもね、砂谷牛乳だと、牛乳の味がしっかり出るから、チーズを減らしても味が落ちなかった。むしろ、前よりも美味しくなったという声が多いですね」

私もそう思います!すぐに気付きましたよ、前はひと口食べたらクリームチーズを使ってるな、と分かる濃厚なチーズプリンっていう感じでした。それも美味しかったけれど、今の方がよりプリンらしくて私は好きです!

砂谷牛乳は、低温殺菌(パスチャライズド)牛乳です。だから生乳の風味がしっかり感じられます。フランス産のチーズとの相性も良く、低温でじっくり火を通す初恋プリンには、ミルキーで味わいまろやかな砂谷牛乳がピッタリなんですね。
砂谷牛乳のふるさと、砂谷牧場にも足を運んだという黒川さん。そこで食べた牧場のジェラートが忘れられないそうです。

「近所のスーパーには入ってないからね、お店で使っている砂谷牛乳は、ヤマト便で直接送ってもらっているんですよ。」

工場直送の砂谷牛乳を使っているなんて、贅沢なプリンですね。
定番の味は、広島らしく「瀬戸田レモン」、そして「ビターカラメル」。これに季節限定の味が並びます。季節の味は、いちごやミックスベリー、チョコ、コーヒーキャラメルなどなど。訪れるたびに、ショーケースをのぞいてみてください。

でも初恋プリンだけを買って帰るつもりが、カワイイ猫の足型のフィナンシェ(ふぃにゃんしぇ)やクッキーがついつい、気になってしまいます。かねしょうのお菓子、店内のメニューも含めて、すべて手作り。初めて来ても懐かしく、何度来ても食べ飽きない、特に昭和を知る世代には、たまらなく魅力的なお店です。

生産者さんにひと言メッセージをお願いします。
「いつもおいしい牛乳をありがとう~!」
とっても明るい黒川さんです。


文/平山友美