広島県産応援登録制度

こだわりの、広島の幸を応援しています!
泣ける!広島県
生産者インタビュー

株式会社グリーンカウベル

循環と永続をコンセプトに

広島県産応援登録制度に登録されている商品は、大きく分けると2タイプあると思う。1つは、生産量は少ないが、堆肥や栽培方法など何らかのこだわりを持ち、最終的に味わいに特徴をもたせようと努力した商品。もう1つは、品質の安定は当然のこととして、量産出荷に対応できるよう努力した商品だ。この株式会社グリーンカウベルの「広島やまなみほうれんそう」は、後者の代表とも言える優れたホウレンソウだと思う。
コンセプトは「循環と永続」。社名の「グリーンカウベル」は、代表者の実家、茨城牧場の‘COW(カウ)’の牛糞を活用し自社で堆肥化、ほうれん草を栽培という循環型の取り組みを表現したものだ。循環型の栽培法の実施、堆肥製造、土壌分析を随時行うなどの取り組みによって、生産に携わるスタッフは、自然と土づくりの基本を理解するなど、学問としての農業にも触れる機会が増える。理論と現場実践を同時進行で経験できる仕組みなら、きっと意識も変わるはずだ。

GLOBALG.A.P基準は社員教育のため

農場長の仲間洋さんの話から、最終目的はGAP認証の取得ではなかったことは明確だった。施肥設計、生産管理を徹底することは、安全なものづくりのために当たり前のことと捉えている同社では、社員教育といったソフト面に役立つと判断し、GAP認証の取得に取り組んでいるという。
主に業務用としての出荷なので、大きめで重量が出る方が喜ばれる。最終的にごま和えや白和えなどに調理加工されることもある。シンプルな料理では、主材料の存在感が大きいので、例えば肥料をやりすぎてえぐみが強くなったりしないよう、折々で土壌分析を行い、必要と判断される肥料だけを補うようにしているという。

収穫は機械収穫なので短時間に終えることができる。その後出荷までの全工程において冷蔵管理を行うなど、農場内コールドチェーンを実現。早々に機能性フィルムも採用している。取引していただく先でもこうした高い意識をもって作られた商品をどう取り扱うべきか、理解してもらえているとうれしい。場合によっては、受入れの現場スタッフへの教育も必要になるかもしれない。でも関わる人の意識が自然に変わっていくような、そんな魅力あるほうれん草である。

さて,業務用出荷を主とする同社の栽培の話とは逸れてしまうが、一般消費者の中には、葉ものはどれも同じような使い方をする人がいる。一番多く見受けられるのは、小松菜とほうれん草を同じ緑色の葉もの野菜と見なしてしまうこと。このように用途や視覚的な効果が同じであれば、値段の安い方を選ぶという人が多いのは、販売する側をいつも悩ませている。栄養価は異なるのだが、その差が目に見えて分かるものではないため、何を差し置いてもほうれん草を買おうという強い動機にはならないのが残念だ。ところが、「ほうれん草のごま和え」と「小松菜のごま和え」が並ぶと断然、ほうれん草の方が売れ行きが良い。白和えもしかり。なぜか?昔からの家庭の味的なイメージが強いということもあると思うが、ほうれん草は小松菜よりもわずかに咀嚼時間が長く、和えものは他の材料の味と口の中で合わせることで味わいが増す料理なので、自然と口の中の滞留時間が長くなる。咀嚼時間が長い野菜は、甘味がある方が断然美味しく感じるのだ。
 なぜこのことを話題にしたかというと、広島やまなみほうれんそうが安定して「美味しい」と喜ばれるほうれん草にするために手をかけてくれていることが分かったから。自然のものだから、個体差があるのは当たり前だとか、年によってばらつきが出るのも当たり前だとかいう農産物に対するイメージを変えてくれるような気がした。定番のお惣菜や料理屋さんで食べる味には、やはり安定した味が求められる。たくさんの人に「あぁ、やっぱりこの味ね」と安心させてくれる素材もまた求められるべきで、それに応えてくれる広島県の食材の1つが「広島やまなみほうれんそう」なのだと思った。



文/平山友美
料理/平山友美

株式会社グリーンカウベル

住所
広島県三次市甲奴町福田827
TEL
0847-67-2865
FAX
050-5535-0899
代表者
茨木 栄治
担当者
茨木 栄治
創業
平成30年1月
面積
ホウレンソウ/6,000㎡,ハトムギ/7,000㎡
従業員
1名
生産物
ホウレンソウ,ハトムギ
情報更新日
令和2年02月14日

マップ

戻る