広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
日本最南端での栽培

日本最南端での栽培

古くから旧吉和村はお米、ほうれん草が主力農産物でした。
約20年に吉和の特産品になるものはないかと探していたところ東京の大学教授が5~6種類の苗を持ち込み試験的に栽培しました。その中で一番最後まで元気に育ったのがルバーブでした。
日本国内でのルバーブ栽培は、主に北海道や東北です。吉和も冬は豪雪地帯ですが、ルバーブ栽培に関しては、日本最南端でもあります。
気候や土地柄がルバーブ栽培に適していたんでしょうね。

国産ルバーブは貴重

国産ルバーブは貴重

吉和の土地に適していることがわかり、栽培は続けていましたが、食用なのにどうやって食べたらいいのかもわからず大量に放置されていたころ、一人のパティシエさんが購入していき、それが口コミなってどんどん広がり始めたのです。

ジャムにしたら美味しいということで、レシピをつけて地元の物産館で販売したところ、リピーターが増え、盛り上がってきたタイミングで商品化することになりました。

商品開発は地元の短大にお願いし、資金調達はクラウドファンディングを活用しました。
同時にルバーブ研究会を発足。地域の小・中学校や行政、商工会などにも参加してもらってます。

生産量倍増を目指します

生産量倍増を目指します

ルバーブのジャムはすでに商品として出回っているので、レトルトパウチ容器にフルーツソースとして商品化しました。日持ちがよく、お手軽なスタイルがとても好評です。

まだまだルバーブをご存知ない方も多いので、喰いつきが面白いですね。

せっかく盛り上げりだしたルバーブですので、今後は面積を拡大して生産量倍増を目指していきたいと思っています。

マップ

・・・・・・読み込み中です

吉和げんき村インタビュー

吉和の新たな特産品”ルバーブ”

吉和げんき村

住所
広島県廿日市市吉和1476-2
TEL
090-1891-4869
FAX
0829-52-1013
代表者
岡本 美登志
担当者
則武 宏承
創業
平成28年4月
面積
栽培面積   約1ha                 加工場面積  257.93㎡
従業員
20
生産物
吉和ルバーブ 吉和ルバーブソース(市販用)吉和ルバーブソース(業務用)
吉和ルバーブ