広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
本格的なオーガニックをスイスで学ぶ

本格的なオーガニックをスイスで学ぶ

私の父は、養鶏・原木椎茸・野菜・米の栽培をしていました。

高度成長期に普及した農薬や化学肥料は、当時、町内の青年団で若い者に農薬当番がまわってきていたようで、散布していた父の体は徐々に不調を感じるようになっていました。

それから父は農薬について徹底的に調べ、結果、有機栽培にたどりついたのです。
私が幼いころから見ていたのは、父の有機栽培でした。
跡を継ぐために、全国でも有数の農業専門の高校・大学へと進学し、国際農業者交流協会の選考を経て、スイスでのオーガニック研修を修了しました。

父が残してくれた足跡を

父が残してくれた足跡を

やっと父と一緒に有機栽培ができると思って神石高原へ戻った3日後、なんと父は事故で亡くなったんです。
高校から寮生活を送っていたので、父から直接学ぶことなく、予想外の状況で跡を継ぐことになり、正直とても不安でした
しかし父と同じ想いを持った仲間の人たちや、有機栽培普及活動のたくさんの足跡が当時の自分を支えてくれて、何とか前に進むことができました。

7代先の人たちを考える

7代先の人たちを考える

私がいる村は限界集落です。
農村をつなげるには、環境を維持しなければなりません。
自然環境や命の生かし合いを活用した持続可能な農業を大切にしたい。

2018年、日本オーガニックカレッジを開設しました。
オーガニックを通じて、町から村へ人を呼びたい。
世界のオーガニック市場を支えるオーガニックファーマーを神石高原から。

研修生募集中です↓
http://japan-organic.jp/omoi/


マップ

・・・・・・読み込み中です

株式会社TANABE FARMインタビュー

日本オーガニックカレッジプロジェクト始動

株式会社TANABE FARM

住所
広島県神石郡神石高原町古川5389-1
TEL
0847-87-0343
FAX
0847-87-0967
代表者
田邊 真三
担当者
田邊 真三
創業
昭和42年4月
面積
1,700羽
従業員
2名
生産物
鶏卵,鶏肉,有機野菜,有機米
初回登録日
平成30年02月15日
情報更新日
令和元年12月04日
田辺の玉子 平飼卵ゆっく里