広島県産応援登録制度

泣ける!広島県
あわびのような食感の「女鹿平あわび茸」

あわびのような食感の「女鹿平あわび茸」

当時日本では栽培されていなかった、白くて肉厚で本当のあわびのような食感のきのこ。
菌種もなければ、栽培マニュアルもない。
子実体より独自に菌種を作り、試行錯誤の繰り返し。

13年経過した今、ようやく栽培方法が確立しました。
1つのあわび茸が収穫されるまで培養から約60日、芽かきから約1週間で、女鹿平あわび茸が完成します。

1つ1つの行程にも、まだまだ技術やタイミングなどの改善があると思っています。
試行錯誤の日々に終わりはありませんね。

天然舞茸に限りなく近い「女鹿平舞茸」

天然舞茸に限りなく近い「女鹿平舞茸」

もともとここ、廿日市市吉和の女鹿平山では、香り高い天然舞茸が自生しています。
天然舞茸がミズナラという古い木にしか自生しないということから、
自社での栽培は、九州の山林のミズナラのみを使用した菌床栽培です。

生産効率は決してよくありませんが、時間と手間をしっかりとかけて、味と品質重視の天然により近い風味の舞茸に育てています。茎の大きさに、皆さんびっくりされます。

飲食店さんに是非取り扱って欲しい

飲食店さんに是非取り扱って欲しい

広島は、海の幸山の幸と食材は豊富な土地柄です。
しかしまだまだ知られていない産物も多いと思います。

弊社の女鹿平あわび茸や女鹿平舞茸もその一つです。

ご自宅で味わっていただくのももちろん嬉しいことですが、
飲食店でより多くのお客様に知っていただき味わって欲しいです。

料理方法でいろいろな楽しみ方があると思います。
営業もがんばります。

マップ

・・・・・・読み込み中です

株式会社 きのこ屋本舗インタビュー

前例のないきこの栽培

株式会社 きのこ屋本舗

住所
広島県廿日市市木材港南1-1
TEL
0829-32-7221
FAX
0829-32-3902
代表者
代表取締役 中本 祐昌
担当者
営業部 蔵重 昌三
創業
平成15年10月
面積
900㎡
従業員
7
生産物
舞茸,あわび茸,椎茸(菌床)
女鹿平 あわび茸 女鹿平 舞茸